コレステロール研究報告書     研究室長  坂井 明人

 いちど、肝臓で作られた、「コレステロール」は、いくら「運動」しても、消す事は出来ない 
 肝臓で作られた、TG「中性脂肪」は、「運動」で消す事ができます、そして痩せる事も出来ます。
 余剰の、コレステロール」は、便(うんこ)、小便、汗、吐く息でも、体外に排出する機能は、人間にありません。
 人間の小腸・肝臓は、野菜・果実のビタミン・アミノ酸から、脂(あぶら)「コレステロール」に製造する機能があります。
 「病気と老化の進行速度」は、毛細血管(約6μ)内膜に付着した、酸化コレステロール量で決まります。

 癌(ガン)の原因は、タバコ・煤煙・食品添加物・アクリルアミド(120℃以上の加工食材)だけではありません。
 癌(ガン)の発生は、細胞組織周辺の酸欠環境による、嫌気性ウイルス増殖に関係しますが、「コレステロール」量
 が、
大きく関係しています。(後日、図解説明します)

 動脈硬化・認知症・関節痛(腰・膝)・心筋梗塞・糖尿病・脳梗塞・歯槽膿漏・腎臓病・老化(シミ・白髪・皮膚のたるみ)
 等、細胞劣化には、「コレステロール」が大きく関係しています。

 私達人間動物は、細胞組織が劣化する 「食生活」 を行っています。 
 コレステロールの産生は、私達の食生活に起因する部分が、とても大きく関係していますので注意が必要です。


 自然界の動物は、コレステロール値が人間に比べ極めて少なく、人間に飼育されない自然動物は、ほとんど
 病気になりません。自然界の動物は、細胞の老化速度が極めて遅く、コレステロール値がとても低いのです。
 自然動物の毛細血管内膜の付着した酸化(アテローム)コレステロール値は、異常に少ない事を確認しています。

 多くのコレステロール情報と海外のコレステロール情報を集計分析し最先端情報を分かり易くお伝えします。
 
2週間に、1回、更新します。 ご利用ください。  



 ※ 注意、商用・講義・ネット配信等、コピー(利用)する事を禁止します。
 
※ 本文には、医学用語が使われていますが、診察・診断・投薬・検査・訓練・相談・効果を立証するサイトではありません。
 ※ 簡易メールレコードで質問を受付けますが簡単な質問(50文字以下)に限ります。薬機法に関連する質問はお答えしません。


       


   「病気と老化の進行 コレステロール研究技術」

   
 Bell Arch  20187月中旬 このサイト でオープン!

 第1話 

 第2話


                 

 筆者職業経歴  個人情報保護方針   特殊製品画像  新聞報道   開発済製品新聞報道  犬の夜鳴防止器  簡単メール  花いきいきスプレー  コレステロール  コレステロール